女性の大敵!目元にできる小ジワについて

2018.11.19

第一印象を左右するパーツとして、「目」はとても重要です。

そんな注目されやすい目の周りにできる小ジワに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

今回は、目元の小ジワの原因や、対処法についてご紹介します。

 

■目元に小ジワができやすい原因

他のパーツと比べ、目元にはちりめんジワや乾燥小ジワといった細かいシワができやすくなっております。

その原因は、加齢の他に、皮膚の薄さや皮脂の少なさ(乾燥しやすさ)、疲れやかゆみで目をこする、目を酷使して血行不良になっているなどが挙げられます。

また、女性の場合はアイメイクを落とす際のお肌への負担も小ジワができる要因として考えられます。

 

乾燥しやすく、皮膚が薄い部分に刺激が与えられたらシワになることはわかりますよね。

パソコンやスマホなどが普及した現代では疲れ目の方が増えており、「普段目の周りのケアに気を遣っている」という方でも、小ジワができてしまう可能性は十分に高いのです。

 

■目元の小ジワ対策

そんな目元の小ジワ対策をいくつかご紹介します。

 

・血行促進

目の周りの血行が良くなれば、お肌全体に栄養が行き渡るので、シワの改善効果を期待することができます。

マッサージやホットアイマスク、目元のツボを刺激するなどして、血行を良くすることをおすすめします。

 

・目をこすらない

アイメイクを落とす際はお肌に優しい成分で、かつ汚れもしっかり落とすことができる専用のリムーバーを使ったり、洗顔の時は優しいタッチを心掛けたりと、目に負担をかけないように注意しましょう。

 

・保湿

目元の乾燥を感じたら、保湿をしてお肌をしっかりと潤わすことが大切です。

入浴後のコットンパックや乳液+クリーム、メイク直しの際の保湿など、ご自身の肌質に合ったケア方法を行いましょう。

メイク直しの際の目元の乾燥への応急処置としては、ハンドクリームを少量お肌になじませるように塗るという方法もあります。

冬などの乾燥しやすい時期はとくに意識してケアしてください。

 

上記しているもの以外にも、様々な目元の小ジワ対策が存在します。

ご自身のライフスタイルや、お肌の状態に合った対策を行ってくださいね。

 

■マイクロ 3D パッチ

De nouveauのマイクロ3D パッチは、ヒアルロン酸などの水溶性高分子を目に見えないほど微細な針状に加工する技術を用いた目元・口元のポイント集中ケアです。

洗顔後、化粧水やクリームをなじませた後にパッチを貼って眠るだけで内側から美容成分を直接お肌に届けることができます。

その驚きの浸透力で肌の潤いやハリをキープし、目元の小ジワやほうれい線に高い改善効果を期待することができる女性の味方です。

「目元の小ジワに悩んでいる」「いつまでも若々しくいたい」そんな方はぜひご参考にしてください。